忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 14:30 |
ツンデレラ最終章 ―第18話―





サイド/ナレーター



























「「「ママー!!!」」」


「話ってなーに?」









カチューンが笑顔でたずねる。




その笑顔がやけに黒い気がする。

まるで自分の部下ようだ、と感じたのは、ダリだけだったであろうか。









「ああ、あのね、あんた達、ナスが何かあったの知ってる?」














一瞬、空気が凍りついた。





・・・ように感じたのは、やはりダリだけだったのであろうか。











「・・・っや、やだなあママ、俺がそんな!・・・なあ?」



「そっそそ、そうだよ!そんなことするわけないよ!」








口々に各々の無実を主張する三姉妹。



この中にナスを殴り飛ばした張本人がいることは、

辛うじて誰も気づいていないようだ。






「・・・本当?私ってば疑い深いから・・・」


「本当だって!そんなにあたし達が信じられないんだったら・・・」









ナスに、聞けばいいんじゃない?










そう言うカチューンは、やはり黒い笑顔のままだった。













「んー・・・どうしましょう?白スーツの方」


「そうですね。まあ、本人が目覚めるまで待ってみましょうか」





白スーツの方、と呼ばれたパンパは、お義母さんの言葉に頷いた。










そして、先ほど運ばれたナスが寝ているであろう、

休憩場に向かおうとしたとき。














ガチャッ。














正面扉が開く様子を、王子はただ、事もなさげに見ていた。













第18話

「パンパと似てるし・・・あの三姉妹は怖いなあ・・・」

~笑顔ゆえに道を踏み外した三姉妹~













「・・・っわあ・・・」


「ね、お姉さん、結構ド派手な会場でしょ?」











広い部屋。





色彩豊かな装飾。





部屋の真ん中を陣取る、大きなテーブル。













どれをとっても、ここが豪華な場所なことに変わりはなかった。












「そりゃそうだよ。だって頑張ってお金拾ってたんやm

「しっ!それは言っちゃ駄目!」











・・・豪華な会場が急に寂れて見えてきた・・・。












セミは、萎えた気分を抑えつつ、辺りを見渡した。





相変わらずの豪華な装飾を、虚ろな目で見ていく。








「ん?」














視界に、一人の男が入ってきた。





・・・どうやらこっちを見ているようだが、その目が何を捕らえているかは分からない。



しかも格好までちんちくりんときた。











あいつは一体、何なのだろうか。







「あ、あれな、見えんけど、一応王子やで」


「えっはっ王子ィ!?うっそあれが!?」






王子、という単語に反応したのか、急に顔が火照る。





・・・いやまさかそんなことありえない。



セミは自身に語りかけるも、火照りは止まらぬ一方だ。










「うへーあれでも王子業やってもう十・・・?何年か経ってるんだよ!

 性k・・・まあ顔はハーフみたいでさ、うん、顔はいいでしょ?」


「えちょっ!?ぬぁなな、何言ってんの馬鹿!意味分かんない!」






ぼすぼす、と、ラティを殴るセミ。



そんな二人を、ミッチーはまるで先生のように、微笑ましく見守っていた。





・・・しきりに「あだだだだ!」と聞こえるのは、気のせいだろうか。











セミは、ふとその王子の方を見た。



本当に、ただ偶然だったのである。














王子と、目が合った。














「・・・・・・」


「・・・・・・」


「・・・何!?こっち見ないでよ!!」






そう叫ぶも、自分の顔が紅潮していくのがよく分かる。



本当にどうしたものかと思いつつも、一心にダリを睨む。














次の瞬間、セミは、ダリ王子が自分以上に紅くなっていることに気づくのだった。















ようやくナレーター視点も終わりそうです。

慣れないのは駄目ですね。

でも次から再びセミ視点に戻れそうなので、嬉しい限りです。




しかし、ツンデレって難しいです。

まあもうこれはツンデレ小説だと思って読むほうが駄目なので(←

期待せずにお待ち下さい。
PR

2007/06/11 18:56 | Comments(3) | TrackBack(0) | ツンデレラ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

顔はいいんだってさ、ダリです。

目が合うと大抵微笑み掛けます。
そして微笑み掛けられた人は顔がこわばります。
赤ちゃんなら泣きます。
おじいちゃんなら目をそらします。

ツンデレラは…?
posted by ダリURLat 2007/06/12 19:56 [ コメントを修正する ]
ぃゃぁぁぁんww
見ててときめきww
いよいよ二人のラヴが始まっちゃうのか!!
posted by さぁゃURLat 2007/06/14 17:38 [ コメントを修正する ]
>>ダリ
性格は、あげたまごです。(←

ツンデレラは・・・
・・・拒絶しm(ry

>>さぁゃちゃん
ラブ・・・

・・・始まるといいなあ(おまっ
posted by あげたまごURLat 2007/06/15 20:53 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ツンデレラ最終章 ―第19話― | HOME | ツンデレラ最終章 ―第17話―>>
忍者ブログ[PR]