忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 14:31 |
ツンデレラ最終章 ―第20話―





サイド/ツナ























それから、パンパさん・・・?だっけ。



まあスーツの人は、笑みを浮かべたまま、ダリ王子の下へ帰った。






そして、あの人が帰った後の二人は、まるで憑き物から解放されたみたいに脱力していた。










「あんた達・・・大丈夫なの?」


「いや、もう仕事に戻らんと・・・」


「そんなー!!せっかくラティと再戦出来ると思ったのに!」


「本当だよー!でもなあ・・・」


「ねえ、最後の一回だけ!!」





お願い!お願い!と手を合わせて懇願する和夫。



そんな和夫に困惑してるのか、ラティとミッチーは顔を見合わせていた。





「ねー和夫、あんま困らせない方がいいよ」


「そーそー。それに、あの人・・・」





怒らせたら、相当酷い事なりそうだし。



そう続けようとして、俺は言葉を引っ込めた。









そう話している間にも、二人の中では会議が行われていたらしく、その結果が出たようだった。











「・・・じゃ、最後の一回だけだよ」











第20話

「いっせーのーでっ、じゃーんけーんポン!!」

~再戦の行方 と 各々の想い~









結果は、和夫の惨敗だった。




和夫曰く「最後はグーでしょ!」とのことだったが、その思考も読まれたみたいだ。








たかがじゃんけんで・・・。



俺がそう言うと、和夫は「されどじゃんけんですー!ぷー」と、何とも腹ただしい返事を返してきた。







そして、じゃんけんも終え、俺たち三人は今、再びママの下へと帰ってきていた。










「あれー?ママ、ダリ王子とお付きの人は?」


「ん?ああ、なんだかプログラムの都合だとかで・・・」


「ふーん・・・ダリ王子、もう一回くらい会いたかったのにー」




ママの返事に不機嫌そうに答えるカチューン。



でもなあ、ダリ王子、鼻血噴いてたし・・・俺は無理だろうな・・・。








・・・あれ?血って言えば、ナスの話はもうなくなったのかな?



いやーよかったよかった!バレっとどうなってたか分かんねえし!










「うへっツーンデーレーラー!何でここ来てんの?」


「うっさい!べっ別に来たくて来たわけじゃッ―――」


「あーもー相変わらずだなあツンデレラは!

 いいよいいよ、ほら、和夫に打ち明けてごらん?その心を!」





そう言い、誇らしげに胸を叩く和夫。



その顔は、自慢げに笑っている。







そんな和夫を見て「ふざけんなちびっこ!」と和夫を殴るツンデレラ。



その顔は、怒りなのか照れなのか、これ以上にないほど真っ赤になっていた。





・・・まあ俺は後者だと思うんだけど。











「ねーママ!ツンデレラ、寂しかったんだってー!」


「なっちょ、そんなこと一言も言ってないでしょ!?」


「あらあら、じゃあ別に誘拐されたとかそんなわけじゃないのね?」


「えッ・・・違う!違うから!」


「そんなことないでしょ?王子にハートさらわれちゃったもんねー!」


「ばっ馬鹿なこと言わないで!ってかくさい!台詞がくさい!!」








そんな様子を眺める俺。





・・・ちょっと待て、俺って確かこんなキャラじゃなかったよな?



こんなほのぼのした日常を静かに眺めるみんなのお母さんは、ママだけで充分だろ!











「すいまっせーん!!」






そんなことを一人で悶々と考えていると、後ろから誰かが話しかけてきた。



誰だこれ。






「はい、誰ですか」





あ、間違えた。





「ウチはねー!王子からこれ配ってって頼まれた、さぁゃちゃんでーっす!

 ちょーっと君に渡してほしいものがあってさー!」






そう言うと、さぁゃさんとやらは、ビンゴカードを5枚渡してきた。





・・・・・・・・・・・・。



・・・意味が分かんねえ。






「あの、これ・・・」


「ああ、あそこの4人にも渡してねー」





いや、そうじゃないんだけどなあ・・・。



そうぼんやり思っていると、さぁゃさんは意味深な笑みでこう言った。












「パーティは、これがないと始まんないんだからね」













・・・・・・・・・・・・。



・・・やっぱり意味が分かんねえ。






他の人の元に行くさぁゃさんに目もくれないまま、俺はママ達の下へ戻った。

















何でかツナ視点です。いや書きやすそうだったし。

書いてみたら案外難しかったんだけどうへー

それでもってさぁゃさん登場です。

多分もう登場しません。(←



20話達成おめでとう自分!

30話までには終わってほしいなあ。うん。
PR

2007/06/16 16:33 | Comments(2) | TrackBack(0) | ツンデレラ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

ちょっとちょっと!!
さぁゃちゃんこれ以後ももっと出してよね!!
posted by さぁゃURLat 2007/06/28 16:11 [ コメントを修正する ]
>>さあやちゃん
え!
じゃあ機械音声d(わー
posted by あげたまごURLat 2007/06/29 20:58 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ツンデレラ最終章 ―第21話― | HOME | ツンデレラ最終章 ―第19話―>>
忍者ブログ[PR]