忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 14:31 |
ツンデレラ最終章 ―第21話―





サイド/ナレーター



























「なーママ、なんかこれ渡せってさー」







そう言いながら、お義母さんの元に駆け寄るツナ。



お義母さんにまず渡して、それから和夫、セミ、カチューンへと配っていく。






「ん?ビンゴカード・・・何の遊びなの?これ。」


「分っかんね。ただ―――








 ”パーティは、これがないと始まんない”








 ・・・らしいけど。」


「は?よく分かんないな・・・何それ、誰が言ったの?」


「うぅ・・・さぁゃさんとかいう人・・・だっけ」


「まあいいじゃん!うへへ、和夫、ビンゴ嫌いじゃないよー」


「何言ってんの和夫、あんた、ビンゴなんてやったことないでしょ?」


「あーるもーん!二週間前拓哉さんとやりましたー!!」


「あんたはその妄想癖どうにかしなさいよ!!」






何をー!!と、また喧嘩になる妹達。



そんな二人の声を制すように、スピーカーから城内アナウンスが流れてきた。








 ―――ただいまより、”王子とハチャメチャビンゴ大会”を開催致しまーす!―――








そんなハチャメチャなさぁゃのアナウンスと共に、扉と反対側にステージが現れた。










第21話

「昨日は拓哉さんとビリヤードしたもん!!」

~昨日ビリヤードしたのはあたしとマルだから!~











「あー!王子だー!!」





ツンデレラご一行の隣で、王子の存在にいち早く気づいたのか、急に叫びだした人がいた。



その声を合図に、皆身を乗り出して王子を探す。







それぞれが「鼻高いわね」やら「鼻にティッシュ詰めてる」やら、各々観賞している中で、










「・・・背が足りない。」











お隣さんは、恨めしそうに呟いた。














「・・・え、どうなってんの?」





ここからステージは真反対側。


更にステージへと歩み寄る客達が邪魔だったのか、和夫にはよく見えなかったようだ。









そんな和夫のためか、はたまた気まぐれなのか、セミが背伸びをして向かい側を見る。



「んー・・・んだろ、なんかステージに・・・

 ・・・あ・・・!っげ、冠男がいる・・・」


「えっ嘘、王子!?」


「えっ嘘、金づる!?」


「ろ、露骨に言うな和夫っ馬鹿!」






ゴッ、という鈍い音は、歓声に混じったのかそうでないのか、何故か聞こえなかった。



・・・和夫が蹲っている事は、王子に夢中な人々は気づかないだろう。



そして、セミの頬が、すごい勢いで紅潮しているのも。








そんな和夫達に見向きもせず、カチューンが尋ねる。








「あれ?ツナどこ?」


「あんた馬鹿ねえ。そっちいるでしょ」




ほら、と、母の指差す先には、さっきの叫んだ声の主と話すツナがいた。







「・・・あれ?何で?」


「何でってほら、・・・あーうん、ツナ、戻ってらっしゃいな」






説明が面倒だったのか、手招きしてツナを呼び寄せるお義母さん。


一瞬母の方へ振り返り、再び叫び声の主の方を向いて、しばらくすると帰ってきた。








「ううう・・・う、うへー、ツナー誰それー」



完全に自分の世界に入り込んでいるセミの隣―――下とも言うのか―――で、

話に乗り遅れた和夫が、単刀直入に質問した。





「ん?ああ、この子、ガメちゃんね」


「こんちはー!ガメです!」














その後、叫び声の主ガメと軽く自己紹介―――ツナとは、手習所で会っただとか―――を済ませ、

少しロスしてしまった時間を取り戻すためにも、ステージの前へ行こうとした。






「へっへーい!和夫が一番乗りー!!」


「あたしが一番に行くんだから!待ちなさいってば!!」


「っちょ、俺が一番だっつの!先行くな!!」




ガメのことなどすっかり忘れ走り去った三姉妹と、その勝敗の行方は、人ごみの中に紛れて消えた。








「こら、ツンデレラも早く戻ってきなさい」


「え、あ、うん、は・・・誰?」


「えっと・・・カメちゃんとかそんな感じn

「ガメです、話は聞いてますよ、ツンデレさん♪」










にこり、笑いかけながらそう言うガメ。










しだいに明るく照らされていくステージとは裏腹に、







セミの顔に影がおちたのは、言うまでもない。

















はい。また新キャラですね。

ガメさんです。

・・・いや、さっきキャラの設定作ったとか言ってないから!(←



ふう。いつお城編終了しよう・・・orz
PR

2007/06/29 23:56 | Comments(4) | TrackBack(0) | ツンデレラ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

ぁ、またさぁゃちゃんでてきた。
でもめちゃくちゃちょっとだね。
posted by さぁゃat 2007/06/30 13:34 [ コメントを修正する ]
あ、でてきてるー笑

はじめましてというべきか知らん、こんにちは。
何か「背が足りない」ってとこで(・∀・)してしまったガメでしたー。
またきます
posted by ガメat 2007/06/30 20:15 [ コメントを修正する ]
妄想壁…どんな壁だ(笑)ダリです。

常にティッシュと共に逞しく生きる…
素晴らしいじゃないか!

な、素晴らしいよな!

な!(←
posted by ダリURLat 2007/07/01 00:50 [ コメントを修正する ]
>>さあやちゃん
そっとしといてあげてください。
サブキャラなんだもの。

>>ガメちゃん
うふ、だしちゃったー 笑(えない

初めましてかしら、あげたまごですね。
いやもうガメちゃん=身長しか思い浮かばn(わー
えふえふ!また来てね!

>>ダリ
大丈夫、ちゃんと修正いたしましたよ。

ティッシュが必需品なのは僕もですよ。
大事だよ、石油。

な、素晴らしいよな!

な!(←
posted by あげたまごURLat 2007/07/01 02:39 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ツンデレラ最終章 ―世界観― | HOME | ツンデレラ最終章 ―第20話―>>
忍者ブログ[PR]