忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 06:42 |
ツンデレラ最終章 ―第25話―





サイド/セミ



























「ではそこの方、前に出てきて頂けますか?」






ま、前ぇ!?



なんであたしがビンゴごときで前にでなきゃいけないの!?




「おいツンデレラ、呼ばれてっぞ」


「ずっるーい何でツンデレラだけー!」


「知らないけどさぁ、いいわよねーツンデレラ!」


「うっさいあたしだって出るの、め、面倒な

「ビンゴの賞品の授与。



 ・・・あんた達、もしかして聞いてなかったの?」





き、聞いてなかったんじゃなくて、周りが五月蝿いから聞けなかったの!






なんて弁解はもちろん言う暇もなく、あたしは三姉妹に押され、渋々舞台へと向かうのでした。










第25話

「夜の街に繰り出すのだよ!闇に溶け込めパディさーん!」

~出番がないから題名出演 パディ編~












「遅いですよ。ウダウダしてないで早く来たらどうなんですか」








パンパさんが、マイクのスイッチを入れないで言う。




あたしは、パンパさんのその態度にカチンときたが、なんせこの人の噂は山頂にも届いている。





・・・怒らせたが最後、本の角で意識を失うまで殴られるのだとか。



しかも、パンパさんの本は、全て鋼鉄で出来ているらしい。








ありえない・・・





そう思う一方で、でもあながち嘘でもなさそうだから大人しくしておく。











「・・・まあいいでしょう。出てきただけでもよしとします。」




そこまで言うと、マイクのスイッチをカチッと入れた。





「では、証拠にビンゴカードを提示して頂けますか?」








あたしは、手に持っていたビンゴカードを渡した。



パンパさんは、入念にそれを調べてから、やがてカードをしまう。








・・・最中、マイクにも通らないような低い声で「王子、後で事務室ですよ」と呟いたのが聞こえた。










「賞品については今から改めて説明致します。

 このパーティ、王子の婚約相手を探すためにやっているのはお分かりでしょう。



 第一に、王子と結婚したいか。

 まあここにいらっしゃるのなら、これはクリアと言ってもいいでしょう」





けっけけけけっこ、結婚!?



そんなのし、したいだなんて、おももっ思ってないわよ!







「で、第二ですが、運命・・・ですね。馬鹿らしい。

 見事貴方は、王子と巡り会う運命にあった、と思ったのですが・・・」






そこでダリ王子の方を見、笑顔を向ける。




ダリ王子はというと、先ほどまでの笑顔はすっかり消え、

パンパさんからの視線から逃げるように顔を背けている。









「・・・これも何かの縁でしょう。

 多少気に食わない点もありますが、この後のダンスパーティ、





 王子と踊る権利を与えます」








い、いらねえ―――!!!










と思いつつも、何故だかあたしの頬は赤くなる一方で、





舞台から目を逸らしたくてダリ王子の方を見たら、









「・・・やっぱ踊りたくない・・・」











青い顔はどこへやら、鮮血を鼻から溢れさせつつ、これ以上ないくらいの極上の笑みでそこに立っていた。










「いやっ、ダリ様ぁ―――!!」


「美しい御顔に血が!あぁああぁああどうしましょう!!」


「っていうかボケッとしてないでどうにかしなさいよ誰か!」






観客席から様々な怒号が聞こえてくる。



鼻血出したくらいで五月蝿い輩だわ!全く!










「皆様、静粛に。・・・さぁゃ、ティッシュを5枚持ってきて下さい」







そしてすぐに、さぁゃと呼ばれた人が舞台へ上がってきた。



・・・この人が、ツナが言ってたさぁゃさん?








そう思っている間に、ダリ王子の鼻にはしっかりとティッシュは詰まっていて、



なんていうか・・・幻滅って、こういうときに使うのかな。





白馬に乗ったりなんかしたら、確実に馬を紅く染め上げそう。











・・・と、要らないことを考えているうちに、パンパさんが〆の言葉を言っていた。












「では、今夜12時より開催しますダンスパーティ、










 まもなくスタート致します」
















はい。そろそろ終盤に向かいます。

いやー長かったな!早く執筆終えたいね!

でもどうしよう!ラストは思いついたけどそこまでが思い浮かばないや!(



ここから事態は急展開です。

事態っつっても何もないですけどね。
PR

2007/08/18 18:39 | Comments(0) | TrackBack(0) | ツンデレラ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ツンデレラ最終章 ―第26話― | HOME | ツンデレラ最終章 ―第24話―>>
忍者ブログ[PR]