忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 06:35 |
ツンデレラ最終章 ―第3話―





サイド/ツンデレラ





















ツンデレラなんて、一体誰が呼び始めたか知らないけど。








人間、3年も呼ばれ続けたら、慣れるしかないもん。











そう自分に言い聞かせつつも、街でそう呼ばれたら流石に恥ずかしい。















そう、街に居るときくらい。














「だれかセミって呼んでよ・・・」














あたしは今、とある店の前に立っていた。

















第3話

「もうツンデレだなんて言わせない」

〜小説なんてクソ食らえ!〜















それは、1時間前のこと。









「ツンデレラー!ツーンーデーレ

「また何か用でもあるの!?」









ラ、なんて言わせない。







とりあえず適当に答えときゃいいでしょ。













「あのねー!SMAPのDVD借りてきてー!」


「ばっか俺がBUMP見るって言ってるじゃん!」


「はいはいどっちでもいいからー」









さっきまで関西ジャニーズのDVDを見ていたらしい。










なんで知ってるかって?当然でしょ?













あたしが少し目をつけてる ”たっちょん” って人がいるから。









・・・か、勘違いしないでよ!



別にたっちょんのこと、好きでもなんでもないんだからッ!













「次はSMAP見るって言ったじゃん!」


「誰が言ったよそんなこと!」


「かーずーお!!和夫が言ったの!」


「俺だってBUMP見たいもん!」


「あっはーどっちでもいいじゃんねー」







さっき見たいDVDが見れて満足なのか、カチューンは正直どちらでも良さそうだ。







と、そこに。















「あ、お義母さん。」


「「ママー!!」」










途端、二人がお義母さんに飛びつく。




大変だなあ、お義母さんも。





あたしだったら絶対子供なんてほしくないけど。










そんなことを考えている間にも、ツナが早口でいろいろまくし立てている。










「って訳だけど!これだったら絶対BUMP見るべきだよね!」


「違うよ!ねーママ、ここはやっぱりSMAPだよね!?」


「っざけんなてめーBUMPに決まってるだろーが!」


「そっちこそふざけてるよ普通はS・M・A・P、SMAPだよ!!」






「「ねえママ、どっち!?」」

















お義母さんは、ふう、と一つ溜息を漏らした。












そして、お義母さんのとどめの一撃。





















「両方借りればいいじゃない。」





「「なるほどー!!」」










なるほどー、ってちょっと待て!



それくらいのことなんで誰も思い浮かばないの馬鹿じゃないの!?












・・・あれ?ってことは・・・
















「「ツーンデーレラッ」」


















うっわ来た。


























そして現在に至る、というわけなのである。
















ツンデレが書けない。(致命傷ですあげたまごさん



でもなんか話が飛びすぎかもしんないです。





気にしないけど⌒★(毎度ですねあげたまごさん



しっかしママを書くのは楽しいです。

挿絵とかしようかな。

誰か描いてくれないかな。(えあ
PR

2007/03/19 17:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | ツンデレラ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ツンデレラ最終章 ―第4話― | HOME | ツンデレラ最終章 ―第2話―>>
忍者ブログ[PR]