忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 14:30 |
Dear和夫ちゃん ⇒30000HIT祝い



「ぷっぷぷぷーぷーてろてろてろー!

 きょーおっはたっのしーいにっちよーびー!!」



8月の快晴の中。

まだ幼さの残る少女が、スキップで山を駆け上っていた。





+++



「っきょ、っおーはたっのし、いいいにっちよぉ・・・びぃぃぃ・・・」



あれから3分。



スキップで、しかも大声で歌いながら山を駆け上ったためか、

少女の息はすぐにあがってしまった。



「なんなんだよこの山!糞か!糞山か!」



なんて独りでぶつぶつ言いながら、目に留まった小石を軽く蹴る。

小石は、勢いよく坂を駆け上がっていったが、徐々に速度を緩め、やがて止まった。



「・・・そっか、お前も疲れたんだね」



少女は、その小石と自分を重ねたのか、ふ・・・と微笑して、その小石を拾う。

・・・そろそろ、心身共に限界が来たみたいだった。



「ほら見てよ小石さん、あんな所に家が見えるよ」



あはは、と少女は笑いながら、重たい足を引きずるように坂を上り続ける。

その問いに、小石は、ウンともスンとも言わず、じっと少女の手の中で佇んでいた。



「あれなんてすごいね、誰かが怒鳴って・・・って、あれ?」



暑さとだるさで朦朧としていた頭に、ぼんやりと聞こえる声。

手習所の鞄を持つ方の手で目を擦ってから、ようやく現状を理解した。



「・・・っそい和夫!かーずおー!!あんた遅いわよ!!」

「ったく人がどんだけ呼んでると思ってんだよ!!」

「え!?なんでカチュとツナが!?」



少女―――和夫は、そう言いながらも、普段は出迎えなんてないものだから嬉しくなって走り出す。

二人の姉の下へ行くと、「だから昼に行くなっつったのに」と呆れられた。



+++




「ぷーやっぱ家は涼しいな!休みは家に限るね!!」



そう言った後、背中から豪快にソファに飛び込む。

この家のソファは軟らかく、和夫の体を包むように沈んでいった。



しばらくソファで転がっていると、上から誰かに叩かれた。



「・・・あ、ママ」

「起きなさい。まだ寝ちゃ駄目」



普段は口うるさく何も干渉しない母が、今日は珍しく起こしに来た。

和夫は、一瞬違和感を感じたが、母が自分に干渉してくれたことが嬉しくて、



「はーい」



と、笑顔で返事をした。




「こっち来なさい」

「・・・うん?どうしたの?」

「別に?」



相変わらず素っ気無い返事。だが、やっぱり何かあったのだろうか。

流石に「変だな」と思い始めていたが、まあ気にしないことにした。



そして、言われるがままに台所の扉を開けると、



パンパンパンパン!



「おーう和夫ー!」

「早く座って!ほらほら!」

「あたしがわざわざ作ったんだから、感謝しなさいよね!」



ツナ・カチューン・セミが口々に言う。



テーブルには、大きなケーキ。

その周りを囲むように、豪華な食事が並んでいた。



だが、当の本人は訳も分からず、頭に?マークを浮かべるばかりだった。



「・・・ほら、あんた、今日あの日でしょ?」



母に言われて、和夫はようやく気が付いた。



「あ・・・」



「「「「30000HIT、おめでとう」」」」






和夫ちゃんへ、30000HIT祝い。

適当極まりないですが、よければもらってやって下さい。
PR

2007/08/31 21:49 | Comments(2) | TrackBack(0) | 捧げ物

トラックバック

トラックバックURL:

コメント


わーい きゃっほー!

あり、あり、ありが、ありがとー!!!!!!

わーい きゃっほー!

ってか、和夫そんなアホちゃうし。笑

えへへへ糞はあげ 糞山は猿山の事だよ!

勉強しとこうね、あげりん。

とりあえずありがとーててて
posted by 和夫at 2007/09/01 18:37 [ コメントを修正する ]
>>てろりん
わーい きゃっほー!

どう、どう、どうし、どういたしましてー!!!!!!!

わーい きゃっほー!

いや、君の印象ってざっとこんなもんだからね?(

えへへへ お糞様は君 この糞野郎!

大丈夫だよ、糞りん。

とりあえずどういたしましてーててて
posted by あげたまごURLat 2007/09/01 21:29 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<From元やん ⇒ツンデレラ完結祝い | HOME | ツンデレラ完結感謝画>>
忍者ブログ[PR]